PC向けSFサバイバルホラー『Dead Space』リメイク版が本日発売開始に!

【元記事をASCII.jpで読む】

 Electronic Arts(EA)は1月28日、モントリオールのMotiveスタジオによるSFサバイバルホラーの金字塔『Dead Space』のリメイク版を、日本国内ではPC(EA app/Steam/Epic Game Store)版として本日発売したと発表。価格は8700円となる。

 本作では、オリジナル作のスリルはそのままにFrostbiteゲームエンジンによる脅威のグラフィック、緊張感に満ちた雰囲気のサウンド、ゲームプレイの改善を実現し、没入感とクオリティを新たなレベルに引き上げているという。

 プレイヤーは、新たに追加された物語の要素を通して、採掘船「USGイシムラ」についてさらに知ることとなる。

 この船を探索し、その秘密が明らかになっていくほど自らの正気を疑うように。……あらゆるところに潜む恐ろしい恐怖から生き延びるために戦おう。

・予約サイト:
https://www.ea.com/ja-jp/games/dead-space/dead-space/buy

【ゲーム概要】

 プレイヤーは、巨大な採掘船USGイシムラを修理するミッションに取り組む、ごく普通のエンジニア、アイザック・クラークとして、『Dead Space』に足を踏み入れる。

 しかし、イシムラで待ち受けるのは悪夢の日々。船員たちは切り裂かれ、寄生され、さらに、アイザックの恋人ニコールは行方不明になってしまう。

 エンジニアリングツールとスキルだけが残り、1人囚われたアイザックは、「ネクロモーフ」と呼ばれる恐ろしいモンスターだけではなく、崩壊していく自らの精神とも戦うことになる。

『Dead Space』進化したゲームプレイ要素

●ピーリングシステム

 ネクロモーフは、新しい「ピーリングシステム」で再構築され、これまでには見たこともないモンスターとなっている。レイヤーで構成された肉、腱、骨が折れて裂ける、さらに砕けるといった新しい衝撃を体感可能だ。

 また、戦略はもちろんのこと、個性豊かな武器やアビリティを駆使して、恐ろしい敵に立ち向かうクリエイティブな体験も増えている。

●インテンシティ・ディレクター

 『Dead Space』の美しくも怪しい世界は、プレイヤーを夢中にさせてきたが、本作ではさらにアイザックの辿った不可解な空間の重苦しさを強く感じることになるだろう。新システム「インテンシティ・ディレクター」が、ネクロモーフの出現や攻撃方法の選択から、光や煙、粒子やサウンドなどの環境効果まで、アイザックの行く手に現れるものをダイナミックに調整。

 アイザックの心拍、呼吸、運動量もストレスレベルに応じて調整され、精神状態、感情、体の状態をプレイヤーにダイレクトに伝える。

●進化するエンジニア

 アイザックは武器や援護なしで、ネクロモーフから身を守らなくてはならない。ハイテクな採掘ツールを活用し、悪夢のようなクリーチャーを戦略的に切り裂き、スリルに満ちた旅のパズルを紐解き、異常をきたしているイシムラを利用する。

 また、オリジナルではなかったボイスが追加。『Dead Space 2』(2011)、『Dead Space 3』(2013)でアイザックの声を担当したGunner Wrightさんが演じる。

●船内が相互接続されたイシムラ

 スタート画面からエンドクレジットまで、USGイシムラの恐ろしく張り詰めた廊下と暗い通路には、没入感を遮るようなロード画面やカメラ割りはない。

 この巨大な採掘船には新しい部屋、ルート、遮蔽物が加わりリメイクされ、新しいUIマップコントロールやロケーターの改善によりシームレスな探索が可能となっている。

【ゲーム情報】

タイトル:Dead Space
ジャンル:SFサバイバルホラー
開発:Motive Studio
販売:Electronic Arts
プラットフォーム:PC(EA app/Steam/Epic Game Store)
配信日:配信中(2023年1月28日)
価格:
 通常版:8700円
 Deluxe版:9700円

© 2023 Electronic Arts Inc.

PC向けSFサバイバルホラー『Dead Space』リメイク版が本日発売!

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

( 圭) < …

あ、これEAか。SteamだろうがEpicだろうがEAのランチャーがクッソ邪魔なヤツぅ。

ざっくりプレイしたけど中身はほとんどデッスペ2にアプデしたデッスペ1やな ハゲモンドが健在でなによりだぜ・・・

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事