ローソンは、店内淹れたてコーヒー「MACHI cafe」を展開している愛知県内の店舗で、通常価格110円のマチカフェコーヒーS(アイス/ホット)1ヵ月分(1日1杯)を事前に1,500 円で購入できるサブスクリプションサービス「MACHI cafe Prime(マチカフェプライム)」の実証実験を開始する。本実験でニーズやサービスの仕様などの検証を行い、全国への拡大を検討していく。

【画像】ローソンの新・コーヒーサブスク、利用方法は?

対象となるのは、愛知県内の店内淹れたてコーヒー「MACHI cafe」を展開している約620店舗。マチカフェドリンク全商品が対象で、コーヒーS(アイス/ホット)以外の商品も、差額の支払いで利用できる。

利用券販売期間は4月4日~6月25日で、利用期間は4月16 日~7月31日。毎月11日~25 日までの利用券購入で、翌月1 日~月末まで利用可能。また、毎月26日~翌月10日までの利用券購入で、翌月16日~翌々月15日まで利用可能。1日1杯、30日間利用した場合、1杯50円で毎日飲めるサービスとなる。

サブスクサービスが実験開始されるローソンの店内淹れたてコーヒー「MACHI cafe」

(出典 news.nicovideo.jp)

このサブスクサービスはコーヒー好きな人にはうってつけですね。一杯あたりの価格が安く、ローソンのコーヒーなのでクオリティも高そうです。全国展開が待ち遠しいです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事