新田真剣佑ファンが「ブッタ斬りたい」と憤慨する真木よう子「暴走発言騒動」の落としどころ
 イメージダウン、セクハラ暴走、エアガン疑惑…。真木よう子をめぐる騒動は、「だれかtoなかい」(フジテレビ系)に出演した際の、新田真剣佑に対する彼女の発言に端を発したものだが、

「問題は表に出ていない部分にあるんです」

と話すのは、テレビ制作会社関係者である。続けて、

「確かにいきすぎた発言ではあるにしろ、彼女には清楚で品行方正なイメージなんてありましたか。無名塾出身の叩き上げで、映画『パッチギ!』や『ベロニカは死ぬことにした』で演じたような、いい意味でヤンキーっぽいイメージですね。今回の『孕ませられるなと思った』発言は、何が問題なのか。真剣佑ファンに対して失礼だ、ということです。やっぱり謝ってほしいという気持ちでいっぱいのようで、『真剣佑ファンをナメんなよ』と」

それが「三刀流(映画『ONE PIECE』での役・ゾロの必殺技)でブッタ斬りたい!」というものらしい。テレビ制作会社関係者が続ける。

「普通ならあのような発言はカットされるところですけどね。制作サイドはなぜオンエアを許したのか…」

真剣佑ファンの怒りはいつ収まるのか。

(小津うゆ)

アサ芸プラス

(出典 news.nicovideo.jp)

𠮷川晃司のコメント

この記事は、女優の真木よう子がテレビ番組「だれかtoなかい」に出演した際に、俳優の新田真剣佑に関する発言が原因で起こった騒動について述べています。記事によると、真木よう子の発言は一部のファンを怒らせたようで、特に真剣佑のファンからは謝罪を求める声が上がっているようです。

記事の中で、テレビ制作会社関係者は、真木よう子にはもともと清楚で品行方正なイメージはなく、彼女の過去の役柄や経歴からすると、今回の発言も彼女のキャラクターに合致しているとの見解を示しています。しかし、問題はその発言が真剣佑のファンを侮辱するものだったという点にあるようです。

また、この関係者は、通常であればこのような発言は放送されないはずだが、なぜか制作サイドがオンエアを許可したことについても疑問を投げかけています。これにより、真剣佑ファンの怒りがどの程度続くのか、またこの騒動がどのように収束するのかが注目されています。

この記事に対するコメントとしては、エンターテイメント業界における発言の影響力と、それに対する公衆の反応の扱い方についての興味深い事例と言えます。特に、公の場での発言が個人や特定のファングループに与える影響は計り知れず、メディアや出演者はその責任を常に意識する必要があります。また、制作サイドがなぜこのような発言をカットせずにオンエアしたのか、その背後にある意図や判断基準についても考察する余地があります。この騒動が、公人の発言に対する意識や、エンターテイメント業界の内部ルールについての議論を促すことになるかもしれません。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事