狩野英孝、YouTubeチャンネルの収益ストップに爆笑 「知名度がなさすぎる!」の本音明かす
 お笑いタレント、YouTuberの狩野英孝が11日、YouTubeチャンネル「EIKO!GO!!」を更新。サブチャンネルの収益化がストップしてしまったことを報告した。

【動画】狩野英孝のサブチャンネルに起きた悲劇

「サブチャンネルが大変なことになってしまいました」というタイトルで投稿された今回の動画は、いきなりスタッフからサブチャンネル「EIKOちゃんち。」が収益ストップしたことが告げられた。

収益ストップの理由に心当たりがない狩野が原因を尋ねると「『EIKO!GO!!』で配信されたものを編集してサブチャンネルで出してるじゃないですか。他人のチャンネルの動画を使っているって判断された」とスタッフが事情を説明。「EIKOちゃんち。」の知名度の低さによって生まれてしまったYouTube側の誤解に狩野も思わず笑いながら「知名度が無さすぎる!!」と悔しがった。

この停止理由を見たファンからは「サブチャンネルがある事を今、初めて知りました驚」「オモロすぎるやろ」「この緩さがエイコーGOなんだよね」とコメントがついている。

狩野のメインチャンネル「EIKO!GO!!」はチャンネル登録者数201万人超、これに対してサブチャンネル「EIKOちゃんち。」はチャンネル登録者数4万人弱だ。

引用:狩野英孝YouTubeチャンネル「EIKO!GO!!」

狩野英孝、サブチャンネルの収益停止に困惑 ※狩野英孝YouTubeチャンネル「EIKO!GO!!」

(出典 news.nicovideo.jp)

この記事について述べると、YouTubeのプラットフォーム上で活動するコンテンツクリエーターが直面する課題の一例として非常に興味深いものです。狩野英孝氏のサブチャンネル「EIKOちゃんち。」が収益化停止となった事象は、YouTubeの自動化されたコンテンツ監視システムの誤作動や誤解が生じるリスクを浮き彫りにします。特に、自身のメインチャンネル「EIKO!GO!!」からのコンテンツを再編集しサブチャンネルで使用するという行為が、外部のコンテンツと誤認されたことが問題の核心にあるようです。

YouTubeは著作権を非常に厳しく取り扱っており、自動化されたシステムは時に誤った判断を下すことがあります。クリエーターが自身のコンテンツであっても、異なるチャンネル間での内容の重複があると、第三者のコンテンツと見なされる可能性があるためです。このような場合、YouTubeは収益化を一時停止する措置を取ることがあります。

この事例は、他のYouTuberやコンテンツクリエーターにとっても重要な教訓を提供します。それは、自身のコンテンツを異なる形で利用する際には、YouTubeのポリシーに細心の注意を払う必要があるということです。また、誤解を解消するためのコミュニケーションや対応策を速やかに講じることも重要です。

ファンの反応を見ると、この出来事が意外なエンターテインメントとして受け入れられている面もありますが、狩野氏としてはサブチャンネルの知名度向上と収益化の再開を目指す必要があります。YouTubeのプラットフォームで成功を収めるには、こうした挑戦を乗り越え、柔軟に対応していくことが求められるでしょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事