俳優・山本陽子さんが急逝 死因は帰宅直後の急性心不全
 映画「八つ墓村」「華麗なる一族」やテレビドラマ「黒革の手帖」などへの出演で知られる俳優の山本陽子さんが2月20日に逝去していたことが22日に分かりました。81歳でした。

【画像】芸能界からも惜しむ声

山本さんが所属していた事務所の代表で、山本さんのおいに当たる日塔謙太郎(三陽企画代表取締役)さんから、山本さんの急逝があらためて伝えられました。

日塔さんの署名入りで出されたリリースによると、死因は急性心不全。日塔さんは山本さんが亡くなる数時間前まで一緒にいたといい、山本さんはいつもと変わらぬ様子で帰宅の途へついたものの、帰宅直後に状況が変化。「所属事務所代表であり、家族でもある私自身いまだに信じられません」「このようなかたちで皆様へ突然の訃報をお知らせすることになったのは残念でなりません」と無念さをにじませました。

山本さんは、出演予定だったアガサ・クリステイー原作舞台「そして誰もいなくなった」(4月から上演予定)のけいこが間近に迫り、台本と向き合う日々を送っていたとのことです。

急逝により「共演者、公演関係者、観劇予定のお客様へご迷惑をお掛けすることになったことは大変申し訳なく思います」とつづった上で、「今頃本人は向こうで『こっちの話し方のほうがいいかしら?』などと役作りに励んでいることと思います。常に傍らにいた私から見ても最期の瞬間まで自由に生きた幸せな人生でした」と故人に温かなまなざしを向けつつしのびました。

葬儀については、故人の遺志により、親族のみで執り行うとしており、後日「お別れ会」を開催予定としています。

山本さんは1963年に「光る海」の女子学生役でデビュー。1971年に森光子さん主演「放浪記」に悠起役で初舞台を踏むと、1980年の「花埋み」で初主演。1994年の「おはん」では第19回菊田一夫演劇賞を受賞。日夏京子役を演じた舞台「放浪記」は、通算上演回数が2000回を越える人気となりました。また、テレビドラマでは1976年のNHK銀河テレビ小説「となりの芝生」で主演。1990年のNHK連続テレビ小説「京、ふたり」では畠田理恵さんとのダブル主演。2024年2月2日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」が生前最後の出演番組となりました。

舞台やドラマで活躍する傍ら、山本海苔店のイメージモデルを55年にわたって務め、42年を過ぎた2010年には「専属タレント契約の世界最長記録」としてギネスに認定されていました。

『放浪記』(1971年芸術座)での山本陽子さん

(出典 news.nicovideo.jp)

𠮷川晃司のコメント

山本陽子さんのご冥福をお祈り申し上げます。最期まで自由に生きた方だったとのこと、その生き様に学ぶべきことがたくさんあります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事