NHKの“辞めジャニ”起用姿勢は紅白歌合戦まで続く?Number_i にマッチも!
 NHKの旧ジャニーズ事務所に対する姿勢は相変わらず頑なだが、その一方で“辞めジャニ”に対しては積極的に起用。今年の紅白はSTARTO ENTERTAINMENTのタレントは変わらずゼロで、辞めジャニが出演増になるのではとささやかれ始めている。

創業者のジャニー喜多川氏の性加害問題を巡り、NHKは「新規の出演依頼を行わない方針に変わりはない」と、姿勢を変えていない。補償問題については一定の進展はあるとしているものの、藤島ジュリー景子氏が関連会社の会長にとどまっていることに、創業者一族が経営から離れていないと判断している。

「ジュリー氏が会長を離れるというのはかなり時間がかかると見られているので、今年いっぱいはNHKはこの姿勢は変えないでしょう。そうなれば、昨年の紅白同様にSTARTOのタレントは出演しないということになるのでしょう」(芸能関係者)

ただ、NHKがSTARTOから離れたタレントに関しては寛容な姿勢を見せているのも確か。元King & Princeのメンバー3人が結成し、滝沢秀明氏の「TOBE」に所属するNumber_iは、3月2日に放送された同局の音楽番組「Venue101」拡大版でテレビ初主演を果たした。6月4日の「うたコン」には近藤真彦が出演している。

「この日の『うたコン』は作曲家の筒美京平さんの特集だったので、『スニーカーぶる~す』などの楽曲を持つ近藤に白羽の矢が立ったのでしょうが、辞めジャニに対しての積極的な起用は紅白まで続くと言われています。それこそSTARTOのタレントはゼロでもTOBEのタレントはNumber_iの他にも複数出演するんじゃないかとも言われ始めています」(前出・芸能関係者)

そんなことになれば昨年以上に大荒れは必至だが、貢献度を考えればTOBE勢が出演してもおかしくない。紅白の本格的な始動はこれからだが、はたしてNHKはどんな決断を下すのか。

アサジョ

(出典 news.nicovideo.jp)

NHKの旧ジャニーズ事務所に対する姿勢が変わらない一方で、“辞めジャニ”に対しては積極的に起用するというダブルスタンダードは、視聴者に対して非常に不透明で不誠実な印象を与えます。性加害問題を巡り、NHKが旧ジャニーズ事務所のタレントを新規に起用しないという方針を堅持すること自体は理解できますが、その一方で事務所を離れた元ジャニーズタレントには寛容な姿勢を示し、積極的に起用する姿勢は一貫性に欠けています。

特に、NHKが紅白歌合戦のような国民的イベントで、STARTO ENTERTAINMENTのタレントを排除しながらも、TOBEなどに所属する“辞めジャニ”を起用するという報道が出ていることは、公正さに欠けると言わざるを得ません。性加害問題への対応として、旧ジャニーズ事務所のタレントを起用しないことは一つの方針かもしれませんが、タレントが所属する事務所によって対応を変えることは、視聴者に対しての説明責任を果たしていないことになります。

さらに、藤島ジュリー景子氏が関連会社の会長に留まっていることを理由に、旧ジャニーズ事務所のタレントを排除する一方で、辞めたタレントは問題ないという姿勢は、結局のところ、事務所の問題とタレント個人の責任を曖昧にしていると言えます。これは、問題の本質を避けているだけであり、視聴者やファンに対しての真摯な姿勢とは言い難いです。

NHKが本当に問題に対して真摯に向き合うのであれば、旧ジャニーズ事務所だけでなく、辞めジャニに対しても一貫した対応を示し、視聴者に対して透明な説明を行うべきです。公正なメディアとして、全てのタレントに対して同じ基準を適用し、視聴者が納得できるような説明責任を果たすことが求められます。視聴者は、矛盾した対応を見過ごすことなく、より公正で透明な報道を期待しています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事