2歳娘の車内閉じ込め問題に批判殺到!ファミリーYouTuberの謝罪動画が波紋!
ラウなのファミリーYouTubeチャンネルより

チャンネル登録者数5万人のファミリーYouTuber「ラウなのファミリー」。5月24日にアップした「炎天下の中…2歳娘が車に閉じ込められました。」と題する動画で、子供が車内に閉じ込められる様子が物議を醸していた。

閉じ込められてしまったのは、長女のなのはちゃん(2)。パパが次女のふわりちゃん(0)を車に乗せようと目を離した隙に、なのはちゃんが車内からリモコンキーで鍵をかけてしまったという。最終的に祖母が呼んだ知り合いの整備士によって、無事に救出されたと説明していた。

だが動画では、炎天下の車内で汗びっしょりになって泣くなのはちゃんが映し出されていた。さらにパパが動画を回し始めてすでに30分が経過していたといい、緊急時にもかかわらず撮影をしていたこと自体が物議を醸すことに。Xでは、次のような声が相次いでいた。

《あまりにも残酷すぎる》
《もう他人事やん、、、こんな親いるんだ、、最悪》
《炎天下で車に閉じこまれてパニックになってる時にカメラ向けられるってどういう気持ちなのか考えたほうがいいよね…》
《小さい子の炎天下の車内閉じ込めはヤバい…子供の命の危険性よりも動画か…》

こうした批判の声を受け、「ラウなのファミリー」は5月31日に「前回の動画についてママがブチギレています…」と題する動画をアップ。パパは「皆さんを不快にさせてしまう映像を流してしまって本当に申し訳ございません」と謝罪したものの、ママは一部ネットの声に反論したのだった。

「JAFをなぜ呼ばなかったのか」との声が多数寄せられていたことに対して、「JAF信者多いのかな」「ママ的にはJAF全然信用ならんのよ」などと持論を展開。以前にJAFを呼んだものの、1時間ほど待たされてしまったことが背景にあったようだ。

この“反論動画”にも厳しい声が上がっていたが、6月3日までに上記2件の動画は削除されてしまうことに。

そのため、Xでも《問題の動画を削除してしまう 削除理由については説明せず 逆ギレ動画も削除したのはなんでやろ?》《ラウなのファミリーの動画消えてる? 自分で消したの?YouTubeに消されたん?》と波紋が広がっている。

そんななか、パパは3日までにInstagramのストーリーズを更新。TikTokの動画を添えて、こう綴っていた。

《どんな事を言われても ラウなのファミリーはラウなのファミリーです 全力で頑張ります》

“意味深”にもとれるコメントだが、動画を削除した背景にはどのような事情があったのだろうか。

(出典 news.nicovideo.jp)

「ラウなのファミリー」YouTubeチャンネルに関する出来事は、子どもが炎天下の車内に閉じ込められたという非常にセンシティブな内容で、多くの視聴者から批判を浴びることとなりました。以下にいくつかのコメントを付け加えます。

境界線を考える必要性
子どもが車内に閉じ込められるという出来事は、親として非常にショックであり、速やかに対処するべき緊急事態です。このような状況で撮影を続けることは、視聴者に対して不適切な印象を与えるだけでなく、子どもの安全を最優先に考えていないと受け取られる可能性があります。緊急時には即座に適切な対策を講じることが重要です。

視聴者からの批判とその対応
この件に関して、視聴者から寄せられた批判の声には多くの正当な懸念が含まれていました。特に、緊急時に子どもの命の危険を軽視しているとの批判は、親としての責任感を問うものです。「ラウなのファミリー」がこれらの批判に対して行った反論は、更なる波紋を呼びましたが、視聴者の意見に真摯に耳を傾ける姿勢が求められます。

問題の動画削除とその背景
問題の動画を削除することは、批判を鎮静化させる一つの手段ですが、削除の理由についての明確な説明がないことが新たな疑問を呼び起こしています。視聴者は透明性を求めており、どのような事情があったのかを説明することが、信頼回復の一助となるでしょう。

未来への対策
今後、「ラウなのファミリー」や他のファミリーチャンネルは、子どもを含むコンテンツ制作において倫理的なガイドラインを再確認し、緊急時の対応に関しても適切な対策を講じる必要があります。また、視聴者とのコミュニケーションを重視し、誠実に対応することで信頼関係を築いていくことが重要です。

結論
「ラウなのファミリー」に限らず、ファミリーチャンネル全般に言えることですが、視聴者との信頼関係を築くためには、子どもたちの安全と福祉を最優先に考えることが必要です。この出来事を契機に、より良いコンテンツ制作と視聴者との健全な関係構築に努めていただきたいと思います。

<このニュースへのネットの反応>

TikToカスの子供見*チャレンジ

芸を仕込んだ子供の演技じゃなくて?

さすがに我が子の危機を撮れ高だと思ってしまうのは親失格だわ。視聴者の批判に反論する前に我が子に謝れ

ただの児童虐待やな

「ママ的にはJAF全然信用ならんのよ」 救出より動画撮影を優先させる両親より信用出来るだろ。子供の為を思うなら里子にでも出した方が良いよ。

緊急時かどうかは別として、今は何をするにもSNSに上げなきゃいけない病にかかってるバカがいるのよ実際。社内SNSにさえ、どうでもいいプライベートな情報上げて私物化してるバカがいるくらいだし。

まあどの道長くはないでしょう 色々な意味で

JAFを呼ばなかったのではなく、JAFに加入してなかったんじゃね?

自分なら迷わず窓ガラス割って救出するけどそれ以前に子供どころか嫁すら居ないので発言資格無し

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事